「https://tayori.com/form/ec159eab5d1d7046b5f184e75a1f8f340491274b

パーソナルスタイリストの足跡👣

服がめんどくさいけどおしゃれがしたい人へ

新入社員身だしなみ研修【男性のメイク講座】その中身とは?

こんにちは!

職種柄ファッションへの期待値が高く、服選びが苦痛なフリーランスの方へ

ライフスタイルからスタイリング提案するパーソナルスタイリスト

米倉育代です。

 

詳しくは、こちらから

 

f:id:nozalist:20190408232730j:plain

 

先日、修了した  FPSS(フォースタイルパーソナルスタイリストスクール)が、大手企業の新入社員身だしなみ研修を行いました。

ファッション講師は、代表久野氏。

メイク講師は、企業したばかりながら既に活躍中の修了生のカワノリ(@non290)さんが登壇しました。

そして私は、お馴染みアシスタントとしてサポートに徹しました。

そのときの研修内容、特に男性のメイク講座がとても面白く、女性にも十分通用するので、女性のみなさん(私だけ?!)に耳の痛い内容をまとめました。

 

 

正しい洗顔方法って知ってる?

男性も美肌の時代到来。もはや常識?!

女性は男性が思っている以上に、男性の肌を見ています。

美肌だと好印象で、男性にとっても得することも多いだとか。

もちろん、女性も男性も美肌に越したことはないですよね。

 

メイク講座と言ってもスキンケアに重点を置いた基本からお伝えする前に、代表で一人の方に前に出てもらい、普段やってるように洗顔の泡を立ててもらいました。

チューブ式の洗顔フォームで、手のひらに出して水で濡らし2.3回擦っただけで、全然泡は立たず。

その時使ったのは、こちら

 

その光景にカワノリ先生思わず、驚愕!!

先生が洗顔用泡立てネットを使って、生クリームのようにした泡を逆さまにしてお手本に見せると、今度は会場がざわめいていました。

 

☝カワノリ先生が、実践して見せたまんまです。

女性の皆さん泡立てネット使っています?!

生クリームのつのが立つぐらいの泡で、洗ってますか?!

お恥ずかしい話ですが私も、固形石鹸を使っているにも関わらず、前に出てきた男性とほぼ同じぐらいの泡で洗ってました。

何はともあれ、ネットを買わなければ。

洗い方も大切で、決して顔をこすらない!

手と顔の間の泡を滑らすように、洗う。

やってますか?!女性のみなさん。

 

さらに、洗う順番もありました。

1.Tゾーン

2.Uゾーン

3.頬

ご存知でしたでしょうか?!

女性ならこの順番がなぜなのか、すぐ理解できたと思います。

そうです、皮脂の多い順つまり汚れているところから、洗うということ。

デリケートな頬でごしごしと泡立て、洗ってはいませんか?!

はい、私です・・・

 

タオルで拭くときも、同じ男性に実践してもらいましたが、ごしごし拭いてました。

優しく、決してこすらずに拭きましょう。

これは私知ってましたし、なんならポンポンと押さえるだけにしています!!

(唯一得意気)

 

化粧水の付け方は大丈夫?!

直接手のひらに化粧水を出して、パシャパシャ叩くという男子・・・

これは、NGだそう。

コットンを使うか、こちらも優しく付けて叩かない。

私も叩いてましたよ。 

TVで化粧水が肌への浸透させるためには、どのような付け方が良いのかという実験をしているのを見ました。

①コットン

②手で付ける

③手で叩く

数字にした実験結果③が一番浸透していたので、この日まで信じてました。

もう止めて、優しく付けています。

 

保湿は大切!!

化粧水をつけてる人は全体の3分の一で、乳液まで付けている人となると、かなり少なくなりました。

肌は水分を与えたら、蓋をしないとどんどん乾燥してしまい、余計に潤そうとして、皮脂を出してしまうそうです。

最低でも1つ(化粧水)できるなら2つ(化粧水と乳液)

スキンケアをしてください。

主人にも化粧水買わなければ・・・・・

 

眉毛の整え方(TOKIOの長瀬くんになりたい!)

Winterタイプの代表として、必ず例に出すのがTOKIO長瀬智也さん。

この研修でも、2人の男性が長瀬くんの眉にしてくださいと志願したほどの人気です。

みなさん程遠いタイプの方々でしたが、カワノリ先生がんばって寄せていました。

眉の整え方もカミソリはNG。

ハサミ選びのポイントが!!

こちらのハサミのように刃先がカーブされているものだと、安定しやすく使いやすいそうです。

私のは直線だった(泣)

 

ビジネスカジュアルで抑えておきたいポイント

おしゃれな人は、視覚優位に優れた人が多いそうです。

ファッション誌やネットなど目で得た情報を、取り入れ活かすことが得意です。

Instagramなど参考にしているような方など。

特に女性に、優れた人が多いそうです。

 

取引先など相手先の服装をよく見て、合わせること。

心理学の実験でも証明されているようですが、同じような服装だと仲間意識が生まれ、話などを聞いてもらいやすくなるそうです。

ビジネスにおいては全く同じにするのではなく、1つ上ぐらいのフォーマル感を出すのが正解。

 

男性は聴覚優位が多いと言われていて、文章を読んだり耳に入ってくる情報の方が、取り入れ活かすことが得意だそうです。

女性の髪型の変化や新しい洋服などの外見の変化に、気付かない男性が多いのも納得ですね。

 

1つ上ぐらいのフォーマル感、そのさじ加減が知りたい方は、ぜひご相談ください。

 

2種類のトライアル診断サービスをご用意

【オンライン診断トライアルコース】とは

パーソナルカラー診断は、似合う「色」「素材」「スタイリング」の仕方が分かりますが、似合う「形=デザイン」まではわかりません。

似合う服を知りファッションによって、自分が何者であるか伝えたい人へ。

「※顔パーツ診断」「※体型診断がオンラインで行う診断コースをご用意しました。

※(株)フォースタイルの著作物です。

 

お申込みは、こちら

 

【パーソナルカラー診断コース】 

そうは言っても色が与えるイメージは大きく、似合う色をまず知りたいという方に。

パーソナルカラー診断後、【オンライン診断トライアルコース】をお試しいただくこともできます。

 

お申込みは、こちら

 

3種類のスタイリングサービスをご用意

3つの外見診断と内面まで診断する※服装心理診断®を用いた3種類のレギュラーコース。内面と外見は繋がっているので、服選びをする上で「似合う」「似合わない」だけでなく、「性格」にも大きく左右されています。

服装心理診断®内面まで分析すると、自分でも気づかなかったファッションの考え方や悩み、行動などが分かります → 「被服行動」

その結果、お客様のお気持ちを汲んだアドバイスをさせていただきます。

他にはない内面からのアプローチで、似合う服が分からないと思ってる方、第一印象で損をしてしまう方、自分がどのタイプに当てはまるか知りたい方へおすすめのコースです。 

 ※日本服装心理学協会の著作物です。

【ベーシックコース】

【パーソナルカラー診断】と【メール診断トライアルコース】を一度に受けていただけるコースです。 

 

お申込みは、こちら

 

【パーソナルバイヤーコース】

似合うテイストや洋服が分かっても、自分1人で買いに行くのは躊躇してしまうという方におすすめです。

【ベーシックコース】にお買い物同行をプラスしたコース。

バイヤーの経験を持つスタイリストとお店を回り、たくさん試着をしていただきながら、コーディネートのポイントをアドバイス致します。

おすすめしたもの全て、ご購入いただく必要はございません。

気に入っていただけた場合は、その場でお買い上げいただけます。

もちろん、試着だけでも結構です。

 

▼2つの特典をご用意

1)当日にお買い物をされた商品は、お預かりさせていただきコーディネートを画像にして、メールなどで送らせていただきます。

2)次の日にご配送(送料はこちらで負担します)してご返却致します。

サービス終了後の1ヶ月間、メールでのご相談をお受け致します。

※お買い物単体のサービスはリピーターの方のみとさせていただいております。

 

お申込みは、こちら

 

【ワードローブ救済診断】

買い足すよりもワードローブにある沢山の洋服をどうにかしたい。

一度も袖を通していない服がある。同じような服ばかり買ってしまう。似合わない服や小物を選別して欲しい方などにおすすめです。

【ベーシックコース】にワードローブ診断をプラスしたコースです。

※ワードローブ単体の診断はリピーターの方のみとさせていただいております。

 

 お申込みは、こちら