「https://tayori.com/form/ec159eab5d1d7046b5f184e75a1f8f340491274b

パーソナルスタイリストの足跡👣

服がめんどくさいけどおしゃれがしたい人へ

ライダースジャケットは体型別で着こなし方が違う

こんにちは!

職種柄ファッションへの期待値が高く、服選びが苦痛なフリーランスの方へ

ライフスタイルからスタイリング提案するパーソナルスタイリスト

米倉育代です。

 

詳しくは、こちら

 

f:id:nozalist:20190111005528j:plain

 

「定番ライダースジャケットは自分には似合わない」と諦めていませんか?!

ライダース単体で見てしまうと似合わない方の方が多いアイテムなのですが、洋服は複数の要素で成立します。

コーディネート次第では、着こなすことができるのです。

ライダースの持つテイストそのままが似合う正統派の人もいれば、正反対の甘口なコーディネートが似合う人もいます。

コーディネートでおしゃれに見せるには、雑誌やSNSの着こなしをそのまま取り入れても、同じようにはならないものです。

なぜそうなってしまうのか、その違いを決定づける体型別の着こなし方について、お伝えします。

 

 

 

f:id:nozalist:20190113135226j:plain

 


X型 

日本人に少なく欧米人に多いメリハリ体型

 

【素材】4つの体型の中で、レザーが1番合う体型はX型です。

体に立体感があるので、ハリのあるしっかりした素材が着こなせます。

 

【NGポイント】

上半身に、タートルやストールなどでボリュームを出さない。

 

【着こなしポイント】

全体のシルエットは、体と同じようにXのシルエットを意識して、ウエストをしっかりと絞る。

 

肩のラインがしっかりとしているため、首回りは大きめに開けるのがポイント。

 

ストールをするなら、下の写真のケイト・モスのようにVラインを覆わない。


最近トレンドのハイウエストのパンツを履くと、ピップが実際より大きく見えてしまうので、ローライズのパンツを選ぶ。

 

【アウターオンアウター】

 寒い日はトレンチコートとの重ね着も、インナーはV開きで。

 

V型 

肩が大きい逆三角形型で男性的な体型

 【素材】重くて固い素材のレザーはNGです。

厚手で柔らかい素材の方が似合うので、ムートンのライダースの方がベストです。

サイズ選びに気を付けてタイトすぎるライダースよりも、ゆったりめの選んだ方が似合いやすくなります。

 

【NGポイント】

上半身にタイトなものを合わせると、がっちり感が目立つ。

 

【着こなしポイント】 

ゆるめのシルエットでまっすっぐ下に落ちるようにして、そのゆるっとした揺れ感ですっきり感を出す。

 

全体的にゆるめのリラックスシルエットにする。

 

X型と同様に首回りを大きく開けて、なるべく軽く見せる。

 

ボトムにボリュームを持たせて、上半身・下半身のボリュームを緩和させる。

薄い素材でもボリュームがあればOK。

手首を見せで、抜け感も出せる。

 

【バック選びにも注意が必要】

X型とV型は、トレンドのウエストポーチ斜め掛けは、ボリュームある上半身を目立たせてしまいます。

 

【アウターオンアウター】 

重心が上半身にあるので長めのトップスを上から羽織って、縦の長さを強調する。

 

A型 

重心が低くウエストから下にボリュームがある体型

【素材】丸みを感じさせやすい体なので、柔らかい質感の方がなじむ。

レザーライダースの固くて重い素材だと、着ぶくれや着られてしまうことも。

本来は、V型と同じように厚手で柔らかい素材の方が似合う。

 

【NGポイント】

下半身に比べ上半身のボリュームが不足しているため、首回りが開いているものを着ると寂しく見えやすい。

 

着こなしポイント】

下半身はふんわり広がるAラインのボトムでカバー

 

ライダースは首回りが開いているので、ストールを使って首元をカバー。


首が詰まっているパーカーのプルオーバーは、A型に最適。

上半身と下半身のボリューム差を埋めるため、ボトムスは軽い素材にする。

 

高い位置にアイキャッチを設定して、重心を上に上げる。

 

パンツの場合は、フルレングスではなく足首が見える丈にすると下半身がすっきり

足が短く見えるのを懸念するなら、ハイウエストを選んでヒールを履く。

 

【アウターオンアウター】 

ショート丈のカーディガンやボアブルゾンで、更に上半身は埋める。

 

 I型 

薄くてめりはりのない華奢タイプと全て大きめの寸胴タイプ

【素材】華奢タイプは薄手、がっちりタイプは厚手

基本的には柔らかく落ち感のあるもので、カジュアル感のある生地が似合いやすい。

 

NGポイント

エストのくびれを見せようとウエストを絞り過ぎると、無理が生じるので避ける。

 

【着こなしポイント】

洋服自体でボリュームのメリハリを付けるようにすると、動きが出ておしゃれに見えやすい。

シルエットはIラインに整えた方が美しく見える。

 

上半身と下半身のボリュームにメリハリをつける。

トップスにタートルなどでボリューム出したら、下半身はスキニーパンツでタイトに。

大きめのトートバックも上半身のボリュームアップになっている。

 

小さいサイズでシャツのように上半身をタイトにしたら、下半身はスカートでボリュームアップ。

 

ライダースのインナーをチュニックやワンピースで長さを出して、その下にボトムスを履いて長さのコントラストを付ける。

 

【アウターオンアウター】 

ライダースジャケットの上から、ファーベストを羽織れば、更に上半身ボリュームアップ、下半身はスキニーでタイトにメリハリ。

 

似合う服を見つける3つの外見診断とは

1つの診断だけでは偏りが出てしまいます。

f:id:nozalist:20190113172727j:plain

上の図のように洋服は3つの要素で成り立っています。

今回は体型診断から似合うライダースのジャケットコーディネートを紹介しました。

※体型診断とは、こちら

 

パーソナルカラー診断とは、こちら

 

※顔パーツ診断とは、 こちら

 ※(株)フォースタイルの著作物です

自分に似合うレザージャケットの見つけ方は、以前ブログにも書いています。

詳しくは、こちら

 

2種類のトライアル診断サービスをご用意

【パーソナルカラー診断コース】 

お申込みは、こちら

 

【オンライン診断トライアルコース】

パーソナルカラー診断は、似合う「色」「質感」「スタイリング」の仕方が分かりますが、似合う「形=デザイン」「素材」まではわかりません。

顔パーツ診断」「体型診断がオンラインで行う診断コースをご用意しました。

パーソナルカラー診断では分からない、似合う「形=デザイン」「素材」が分かります。

 

お申込みは、こちら

 

3種類のスタイリングサービスをご用意

3つの外見診断と内面まで診断する※服装心理診断®を用いた3種類のレギュラーコース。内面と外見は繋がっているので、服選びをする上で「似合う」「似合わない」だけでなく、「性格」にも大きく左右されています。

服装心理診断®内面まで分析すると、自分でも気づかなかったファッションの考え方や悩み、行動などが分かります → 「被服行動」

その結果、お客様のお気持ちを汲んだアドバイスをさせていただきます。

他にはない内面からのアプローチで、似合う服が分からないと思ってる方、第一印象で損をしてしまう方、自分がどのタイプに当てはまるか知りたい方へおすすめのコースです。 

※(社)日本服装心理学協会の著作物です

 

【ベーシックコース】

【パーソナルカラー診断】と【メール診断トライアルコース】を一度に受けていただけるコースです。 

トライアルコースでは行わない、服装心理診断®が受けられます。

 

お申込みは、こちら

 

【パーソナルバイヤーコース】

似合うテイストや洋服が分かっても、自分1人で買いに行くのは躊躇してしまうという方におすすめです。

【ベーシックコース】にお買い物同行をプラスしたコース。

バイヤーの経験を持つスタイリストとお店を回り、たくさん試着をしていただきながら、コーディネートのポイントをアドバイス致します。

おすすめしたもの全て、ご購入いただく必要はございません。

気に入っていただけた場合は、その場でお買い上げいただけます。

もちろん、試着だけでも結構です。

 

▼2つの特典をご用意

1)当日にお買い物をされた商品は、お預かりさせていただきコーディネートを画像にして、メールなどで送らせていただきます。

2)次の日にご配送(送料はこちらで負担します)してご返却致します。

サービス終了後の1ヶ月間、メールでのご相談をお受け致します。

※お買い物単体のサービスはリピーターの方のみとさせていただいております。

 

お申込みは、こちら

 

【ワードローブ救済診断】

買い足すよりもワードローブにある沢山の洋服をどうにかしたい。

一度も袖を通していない服がある。同じような服ばかり買ってしまう。似合わない服や小物を選別して欲しい方などにおすすめです。

【ベーシックコース】にワードローブ診断をプラスしたコースです。

※ワードローブ単体の診断はリピーターの方のみとさせていただいております。

 

 お申込みは、こちら