「https://tayori.com/form/ec159eab5d1d7046b5f184e75a1f8f340491274b

échelle style

エカイユ スタイル

黒好きなスプリング女子が参考にしたい芸能人

こんにちは!

職種柄ファッションへの期待値が高く、服選びが苦痛なフリーランスの方へ

ライフスタイルからスタイリング提案するパーソナルスタイリスト

米倉育代です。

 

 詳しくは、こちらから

 

パーソナルカラー診断がSpringタイプとの診断結果を聞いて、カラフル過ぎて合わないと躊躇してしまう方は少なくありません。

特に黒が好きな方はショックを受けてしまうのですが、ご安心ください。

もちろん着ていただいて結構ですし、着こなし方もアドバイスさせていただきます。

そうは言っても、似合うものを知らなくては似合わせることはできません。まずは何が似合うかを知ってもらいます。

今回は参考にしたいタレントのYOUさんを例に似合わせ方について、お伝えしていきます。

 

f:id:nozalist:20190824171143j:plain

 

 

パーソナルカラー診断

詳しく知りたい方は、こちら

 

洋服選びの基準

洋服は下の図のように、「3つの要素」から成り立っています。

つまり、下の3点があてはまっている洋服を基準に選ぶことです。

f:id:nozalist:20181107132908j:plain

パーソナルカラー別似合う素材とは

同じ色でも洋服に落とし込んだ時、見え方や印象が大きく変わってしまうのです。

4シーズンタイプ別タイプには、似合う素材がそれぞれにあります。

f:id:nozalist:20190124163600j:plain

シーズンに間にある共通の特徴

色相(イエローベース)

Warm(Spring・Autumn) 

⇒ 凹凸のある 目が粗い 素材

Cool(Summer・Winter) 

⇒ フラット 目が細かい 素材

 

明度

Light (Spring・Summer) 

⇒ 薄手 軽い 柔らかい 素材

Deep (Autumn・Winter) 

⇒ 厚手 重い 固い 素材

 

彩度

Vivid (Spring・Winter) 

⇒ 艶 光沢感のある素材

Soft  (Autumn・Summer)

⇒ マットな素材

 

似合わせの法則を実践していると思う芸能人 

パーソナルカラーはどうしても色だけで語られがちで、質感までは知らなかったという方も多いのかもしれません。

ですが残念なことに、冒頭に書いた好きな色が似合う色というラッキーで最強な方ばかりではなく、合致しないアンラッキーな方も多いのです。

そんな方には「似合う素材」を合わせるということで、「似合っているように見せる」ことができるのです。

それを実行しているのが、タレントYOUさんなんです。

 

彼女のパーソナルカラーは、Springタイプ。

年齢を重ねてもずっと若々しいYOUさん、キュートでSpringのイメージにぴったり。

でも彼女って黒でネックの大きく開いたものやノースリーブを、着てることが多くありませんか?!

本来なら明るくカラフルな多色使いや柄物が、お似合いになります。

 

 

注目すべきは素材、黒でもサテン地の光沢のある素材を選んでいるところや、必ずアクセサリーを耳、首、指・腕にしています。

Springタイプの方は、アクセサリーを多用するのもお似合いで、うるさく見えないのが特徴です。

逆にワンピースの無地1色だけにしてしまうと、シンプルどころか寂しく見えてしまうのです。

重たそうな固い素材を着ているYOUさんを見た事はなく、軽い素材のブラウスやワンピースをよく着ています。

ノースリーブや大きめに開いたネックラインのものを着ているので、肌の露出が多く更に軽さも出ています。

得意でなない色を着た時、自分の肌面積を多くするのも似合わせのテクニックの1つになります。

 

 

顔回りであるヘアーとメイクに関しては、イエローベースの色で作られているのも、大きなポイントです!!

明るい髪色のYOUさんは、黒髪など見たこともないですし想像すらできないですね。

上の写真をみるとリップやチークからも、青みを感じるフューシャピンクやラベンダーなどではなく、チークはオレンジで、リップはベージュ系のグロスで艶も出ています。

この写真では、珍しくマットなニットですがSpringカラーであるベージュを着ています。

YOUさんの素材選びは、Springタイプの方は参考になると思います。

詳しい4シーズンタイプ別のスタイリングについては、今後1シーズンづつ掘り下げてブログにしていきたいと思います。

 

洋服のデザインやシルエットが分かる体型診断

詳しく知りたい方は、こちら

 

こちらの写真から、体型診断「I型」かと思われます。

「I型」の特徴は、上半身と下半身に凹凸がない長方形型。

肩幅、ウエスト、ピップ共に狭く細身のタイプ。

タイト過ぎるデザインは似合わない。

この写真のように、トップスとボトムスの長さを反比例させる。

華奢なI型なので、薄手の素材や柔らかく落ち感のある素材がお似合いになります。

バッグの色を青にしているのも色数が増え、Springらしさが出ています。

 

似合う服のテイストを知る※顔パーツ診断

YOUさんはベビーフェイスにも関わらず、かわいいだけではない大人魅力も伝わってまきます。

彼女の「顔パーツ診断」は、Feminine/Young

女性らしい要素が強い童顔タイプ

髪でフェイスラインを覆ったヘアスタイルですが、シャギー(段差)をたくさん入れ軽さを出しています。

おでこを上げていたり髪を結んだりしているYOUさんを見たことは、ほとんどありません。

おそらく、おでこは広い方かなと思います。

おでこが広い方がおでこを出してしまうと、かわいさ印象が強調され赤ちゃんの顔に近づくので幼い印象になります。

このご自分でカットされているというこのヘアスタイルが、抜け感を出して童顔とのバランスを取っているんだと思います。

似合う服を選ぶ上で、洋服とお顔の雰囲気を合わせることが大切なのですが、YOUさんのように、診断結果を基に出したいイメージによって、メイクやヘアスタイルでコントロールすることができるようになるのです。

 

顔パーツ診断については、こちらから

※(株)フォースタイルの著作物です。

 

2種類のトライアル診断サービスをご用意

【パーソナルカラー診断コース】 

お申込みは、こちら

 

【オンライン診断トライアルコース】

パーソナルカラー診断は、似合う「色」「質感」「スタイリング」の仕方が分かりますが、似合う「形=デザイン」「素材」まではわかりません。

顔パーツ診断」「体型診断がオンラインで行う診断コースをご用意しました。

パーソナルカラー診断では分からない、似合う「形=デザイン」「素材」が分かります。

 

お申込みは、こちら

 

 

3種類のレギュラーコースをご用意

3つの外見診断と内面まで診断する※服装心理診断®を用いた3種類のレギュラーコース。内面と外見は繋がっているので、服選びをする上で「似合う」「似合わない」だけでなく、「性格」にも大きく左右されています。

服装心理診断®内面まで分析すると、自分でも気づかなかったファッションの考え方や悩み、行動などが分かります → 「被服行動」

その結果、お客様のお気持ちを汲んだアドバイスをさせていただきます。

他にはない内面からのアプローチで、似合う服が分からないと思ってる方、第一印象で損をしてしまう方、自分がどのタイプに当てはまるか知りたい方へおすすめのコースです。 

※日本服装心理学協会の著作物です。

【ベーシックコース】

【パーソナルカラー診断】と【メール診断トライアルコース】を一度に受けていただける別々でのお申込みよりもお得なサービスです。 

その特典としてトライアルコースでは行わない、服装心理診断®をお付けしました。

 

お申込みは、こちら

 

【パーソナルバイヤーコース】

似合うテイストや洋服が分かっても、自分1人で買いに行くのは躊躇してしまうという方におすすめです。

【ベーシックコース】にお買い物同行をプラスしたコース。

バイヤーの経験を持つスタイリストとお店を回り、たくさん試着をしていただきながら、コーディネートのポイントをアドバイス致します。

おすすめしたもの全て、ご購入いただく必要はございません。

気に入っていただけた場合は、その場でお買い上げいただけます。

もちろん、試着だけでも結構です。

 

▼2つの特典をご用意

1)当日にお買い物をされた商品は、お預かりさせていただきコーディネートを画像にして、メールなどで送らせていただきます。

2)次の日にご配送(送料はこちらで負担します)してご返却致します。

サービス終了後の1ヶ月間、メールでのご相談をお受け致します。

※お買い物単体のサービスはリピーターの方のみとさせていただいております。

 

お申込みは、こちら

 

【ワードローブ救済診断】

買い足すよりもワードローブにある沢山の洋服をどうにかしたい。

一度も袖を通していない服がある。同じような服ばかり買ってしまう。似合わない服や小物を選別して欲しい方などにおすすめです。

【ベーシックコース】にワードローブ診断をプラスしたコースです。

※ワードローブ単体の診断はリピーターの方のみとさせていただいております。

 

 お申込みは、こちら