「https://tayori.com/form/ec159eab5d1d7046b5f184e75a1f8f340491274b

écaille style

エカイユ スタイル

40代大人女子必見!トレンチコートの選び方

こんにちは!パーソナルスタイリスト米倉育代です。

詳しくは、こちらから

 

f:id:nozalist:20180327132448j:image

 

春になると電車の中でも店舗でも、トレンチコートを着ている人を多く見かけます。

様々なブランドからお値段も幅広く、ベージュの色ひとつとっても薄いものからキャメル色など様々なバリエーションがあります。

 

肩のデザインでもセットイン(身頃と袖を縫い合わせたタイプ。肩の付け根に切り替えがある)

ラグランスリーブ(袖の付け根が襟(衿)から袖下にかけて斜めになっていて、肩と一続きにになっている)など。

シルエットはビッグだったりスリムなどAラインやストレートシルエットなど。

素材も「MACKIN TOSH (マッキントッシュ)」に代表されるようなゴム引き素材の固いものや、落ち感のある柔らかいとろみのあるテロンチなるものまで。

全ての洋服は色・形・素材この3つの要素の組み合わせで成り立っています。

40代の大人の女性には、どんなブランドのトレンチを選べば、コンサバになり過ぎずステキに着こなせるのかをお伝えしたいと思います。

 

 

似合う服を知る「3つの外見診断」とは

※顔パーツ診断

詳しく知りたい方は、こちら

 

※体型診断

詳しく知りたい方は、こちら

※(株)フォースタイルの著作物です。

 

パーソナルカラー診断

詳しく知りたい方はこちら

 

例えば私の診断結果を紐解くと

顔パーツ:マスキュリン/ヤンング

マニッシュな要素が強い童顔タイプ

体型:V型 横から見るとI型

逆三角形型 ウエストとヒップが肩幅より狭い

パーソナルカラー:オータムタイプ

イエローベースで深みのある落ち着ちついた色み

 

歴代トレンチコートブランド 遍歴            

この春、3代目に選んだ「HYKE (ハイク)」のトレンチコートの決め手をお伝えする前に、歴代トレンチコートブランドを振り返っていきます。

イギリスの正統派ブランド「GRENFELL(グレンフェル)」とは

初代は20代後半ドゥーズィエム クラス在職中に取扱いのあった当時、社員全員が購入しいつかは欲しい憧れのブランドの一つでした。

 

20年前はジャストサイズというよもり、小さめを着るのがトレンドでした。

肩にある憲章を外して、なんとか肩が目立たないように着ていました。

絶対にベルトは締めず、後ろで結んで着ていました。

そして色と言えば、私には薄すぎたベージュ…

そのスタンダードさは名品です。

転職先は、デザインに手を加え、アレンジし、そのブランドらしさやトレンドを入れオリジナリティーを出す手法、別注をしてオーダーしました。

お互いのブランドネームをつけ、Wネームで売ります。

現在は、トゥモローランドやヴァルカナイズ・ロンドンなどでも、別注されて取り扱われています。 

 

タイムレスな「SOFIE D’HOOR (ソフィードール)」とは

2代目はベルギー出身のデザイナーのブランド。

ドゥーズィエム クラスで販売し、バイヤーアシスタントとしつで初めてのフランス出張と展示会を経験した思い出深いブランドです。

 

素材や着心地の良さや、シルエットのキレイさが魅力です。

私のデザインは、足首まであるマキシ丈。

肩のデザインはセットインなので、やはり憲章を外して着ていました。

色はくすんだグレーの製品染。

全身グレーのワントーンコーディネートがしたい一心で買いました。

薄く色だけでもNGなのにグレーは、オータムタイプの顔色を悪くしていました。

色さえ合えば、今でも充分着られるデザインのトレンチです。

転職しバイヤーとなってからも、フランスの展示会で直接仕入れていました。

今も大手セレクトショップで取り扱われています。

 

今やトレンチと言えば必ず名前があがる2大ブランド、「Beautiful Peoplie (ビューティフル ピープル)」と「HYKE」。

トレンチコートの代名詞「Beautiful Peoplie」とは

2017年 春夏スタート  デザイナー 熊切 秀典  

デビューからファッションショーを見て、展示会でオーダーしていたので、サイズやシルエットなどは何度も試着し熟知しています。

 

 

定番Aラインのキッズサイズトレンチコートのサイズ展開は120cm~160cmと独特です。

着たいシルエットに合わせて選ぶという考えがヒットしました。

私は身長160㎝で標準体型です。

でもなで肩で肩幅が広いからか、腕が長く日本ブランドだと袖丈が短い事が多いのです。

160cmまでのサイズ展開なので、ジャストサイズになり中に厚手のものが着れず、当然袖丈も足りません。

定番ものをおしゃれに着こなすにはサイズ感が大きく影響します。

パーソナルカラーはオータムタイプなのでベージュは得意ですが、展示会で試着する度しっくりこないので購入しませんでした。

その原因は体型にありました。

V型の私には、肩が目立ってしまうのです。 

Aラインのシルエットを、更にウエストを絞ってしまうものなら、更に肩幅を強調してしまい似合わないのです。 

このようなトレンチコートが、似合うのはX型の体型です。

メリハリのあるX型で、肩幅とヒップの均整がとれていて、ウエストのくびれがはっきりしている人です。

 

体型別に体を活かした着こなし方については、こちら

 

「HYKE (ハイク)」トレンチコートとは

ファッション通の間で絶大な人気を誇っていたブランド「green(グリーン)」のデザイナー吉原秀明氏と大出由紀子氏が、2013年秋冬シーズンから本格始動したブランドです。

その当時から、恵比寿にあった「green」の路面店は、いつもたくさんの人でいっぱいでした。

「HYKE」のトレンチコートは定番の形とドロップショルダーの2型あります。

定番はセットインで、細身のシルエット。

V型の私が着ると固さが出てしまい、「beautiful people」と同じように肩が目立ちます。

もう一つ嬉しいことに、定番よりも着丈が長いのもV型にとって重要ポイント!

縦の長さを強調して、すっきり見せられます。

 

 

ドロップショルダーは、ラグランスリーブとも違いドロップショルダー(肩線が肩の位置よりしたに袖がついている)なので、肩に丸みが出て張って見えないのです。 

何より嬉しいのは、憲章を外さずに着れるところです。

歴代トレンチは全て外し、接客していた頃も同じ悩みの方に、外して着る事をアドバイスして売りました。

そして、色は濃い目のキャメル。

春には重たく感じる色ですが、オータムタイプなら難なくなじみます。

「beautiful people」同様ライナー付きで取り外せるのも、2シーズン着られるのが、最大のメリットです。

しかも「HYKE」は、ファスナーがぐるりと一周ついていて、装着が簡単な仕様になっています。

ライナーと裏地の黒がモード感を感じます。

素材ですが、破水加工なので多少の雨なら、大丈夫なのも嬉しいです。

小さなシワは出来にくいのですが、張り感があるのであたりは出ますが、着ていくうちに馴染んでくると思います。

混率は綿65% ポリエステル35% 、信頼の日本製です。 

 

f:id:nozalist:20180330015543j:image

 

 

écaille style メニュー

詳しくは、こちら